体内時計のサイクルは大事

人には、体内時計が、あります。
体内時計は、サイクルが決まっていますので、規則正しい生活が出来るのです。
しかし、いったんサイクルが乱れてしまうと、不規則な生活になってしまい、目覚めを悪くしてしまう事でしょう。
では、目覚めを良くするには、どのようにすれば良いのでしょうか?
今回は目覚めが良くなり、一日を元気に過ごす方法を、紹介したいと思います。

まずは、薄手のカーテンと厚手のカーテンを上手に活用することです。
どのように活用するのか?と言いますと薄手のカーテンを閉めて、厚手のカーテンを、全開にしておきます。
このようにすることで、室内温度が保たれたまま、素晴らしい日光を眺める事が、出来ます。

次にクロックラジオを使います。
目覚ましのアラーム音というのは、耳障りでしかなりません。
この耳障りな音を、遮断するには、アラーム音を止めるしかないのです。
アラームを止めた直後に、ラジオに切り替わり、ニュースなどが流れてきますので、目が覚めやすくなるのでしょう。

そして、水分を補給することです。
人は、睡眠中に体内に90%あるとされている、水分が失われつつあります。
なので、日光を浴びながら、朝、起きてすぐに冷たい水を、飲むと爽やかな気分になり、一日を元気に過ごすことが、出来るのです。