十分な睡眠を得るにあたって

現在における日本は社会人ならば仕事に追われ、学生ならば学校での宿題や塾などに時間を追われてしまいます。

時間に追われてしまいますと、毎朝、キッチリと起きれるのか?もしかしたら遅刻してしまうではないかと、不安が頭をよぎります。

そうなると結局は一睡も出来なくて、寝不足になってしまう事でしょう。

なので、今回は目覚ましと眠りの関係について紹介していきますね。

眠る時は誰でも、ぐっすりと眠りたいのは、当たり前です。

ぐっすりと眠っている最中に目覚ましで叩き起こされたら嫌ですよね。

人間には、誰しもリズムというものがあって、初めて生活が出来るのです。
眠っている最中にもレム睡眠とノンレム睡眠というリズムがあります。

そのリズムがあるからこそ安定した睡眠が出来て、スッキリと朝が迎えられるのかもしれません。

ですが、目覚ましを使用することで、そのリズムが一気に乱れてしまうのです。

これでは、不眠症に繋がってしまい、頭が働くなってしまいます。

仮にアナタが、ある企業で大事なプレゼンを任されたとしましょう。学生の場合でも、先生が大事な話などを、している時に眠りこけてしまいます。

更に熟を、さぼり気味になってしまうのです。

なので、目覚ましは基本、眠りを妨げてしまうものなので、セットしなくても良いのです。

早く寝る事で十分に睡眠時間が取れますので、不眠症にもならずにスッキリと快適な朝を迎えられることが出来ます。