不適切な眠りをしないようにする

眠りたくても中々眠ることが出来ない、目が覚めてしまう、という事は、あるかと思います。

そして、朝は頭が、ボーっとしてしまい、フル回転出来ない状況に陥ってしまうでしょう。
更に体調も崩しかねません。

これでは、デメリットばかりです。

なので、今回は前項の状況を、どのようにすれば改善されるかを紹介したいと思います。

なるべく光を避ける

テレビゲームやパソコン、携帯電話などは、どうしても目を酷使してしまうのです。
目を酷使してしまう1番の理由は光の反射加減でしょう。
就寝前にテレビゲームなどを、するといった習慣が付いてしまいますと、中々眠る事は出来ません。
なので、就寝前は読書を読んだり、クラシックを聞いてリラックスすることに徹した方が良いかと思います。

2度寝禁止

これは全員とは言えないのですが、少なからずとも2度寝をしてしまう人が居るかと思われます。
そういう時は、思い切ってベッドから出てラジオ体操をしましょう。
ラジオ体操をすると汗を掻き新陳代謝が良くなっていくのです。
そして十分に汗を掻いたら、お風呂に入って汗を洗い流します。
すると、目覚めが良くなり頭もフル回転すること間違いないです。

寝る前の食事は厳禁

就寝前に食事をすると胃が靠れてしまい中々寝つけません。
ですから、お腹が空いていても食事を摂取することは控えます。

先に述べた事柄を守れば朝から目覚めが良くなるのです。
なので、先に述べた事柄をキッチリと生活習慣に取り入れるように心がけて下さい。